coursek.com Masterのお散歩時間
犬を育てるつもりが、いつの間にか犬に育てられ。 すっかり人生のパートナー。 犬の持つ摩訶不思議な能力にはまり、 愛犬・ボーダーコリーのこすけと共に、  愛犬家の為の雑貨屋さんを始めてしまいました。
プロフィール

こすけ母&コスケとココタ。

Author:こすけ母&コスケとココタ。
人と犬の生活雑貨店主。
噂によると愛犬コスケにソックリ。
オトボケな母にシッカリ者の犬。
もちつもたれつの暮らしを楽しんでます。
個性豊かな人達に囲まれて話題に尽きぬ日々。

2009年8月コスケはお星様になりました。
2011年1月ココタが家族になりました。

coursek.com コスケドットコム
Email: info@coursek.com
URL:http://www.coursek.com


日本ブログ村ランキングに参加してます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
↑↑
どうぞ、ポチッとご協力をお願いします。


*次回のキリバンは
カウンター250000!!
   ↓↓

カウンター

現在の閲覧者数

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ドッグフード、あれこれ・・・
真面目な話・・・
お店に置くドッグフードは難しい。


お店に置くフードレベルで
お店の質が問われる・・・と
お店を開業する際、
先輩ショップ・オーナーさんからアドバイスを貰った。
たしかにその通りで・・・


そのうえ、
大切なワンちゃん達の主食だから、
オーナーさん達との信頼関係が成り立ってこそなので、
責任も深く感じている。


パンフレットに並べ立ててある綺麗ごとを丸呑みにできるほど、
素直な性格でもない。


しかし、
商品に対しての感と嗅覚だけは、結構働くほうで・・・
大きく間違ったりしないのが、
この十数年で得た自信だったりもする。


この処、
ニュージーランド製のドッグフードが気になっていた。
それはお国柄、国策というのか、
ニュージーランド産以外の原材料で動物のフードとはいえ、
作る事ができない掟があり、
自然や動物を大切にするお国だけあり、
厳しいチェックもはいるそう。。


先日、
某・フードメーカーさんとお話してたら、
自分ち以外のフードでイチオシ!と言われたのが、


ニュージーランドブランドの ADDICTION というフード。
丁度、取り扱うかどうかで考えていた物。


この某フードメーカーさんは、
なかなか先見の目が有る人だと
長い付き合いで感じていたので、
ナルホド・・・と思った。


ニュージーランド現地情報によると、
原材料になるお肉は、
放牧されている、もしくは自由運動をしているものを使用され、
グレインフリー(穀物不使用)
とても消化吸収に優れているフードだそうです。


価格帯がネックになるけれど、
ボチボチと販売していたけたら・・・と思ってます。


アディクション
HPでもそのうち、購入出来る様にしますね。




にほんブログランキングに参加してます。
バナーをクリックして頂けると、ポイントが加算されます。
にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
↑↑ポチっとご協力して戴けると、店主喜びます。
宜しくお願します。m(__)m
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://coursekcom.blog94.fc2.com/tb.php/3628-ad38b179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)